じゅっきゃくもくつうしん

あかてがに の かいかた(きほん)

 あかてがに は、おきなわ など に いる おかがに を べつにすれば かにの中でも もっとも りくちで 生きるのに  むいている かにですから、なきおかやどかり や むらさきおかやどかり と、ほとんど同じように、かうことが できます。
脱皮は水の中の写真 ただ、脱皮(だっぴ)は、水の中で  おこないますから、おかやどかり よりも もっと ふかくて大きい水入れが いります。海水(かいすい)は、とくに  いりません。
 それから、これは きほん中の きほんですが、かに は 一つの すいそうで かえるのは 一ぴきだけです。二ひきいじょう、おなじ すいそうで かうと、ともぐいする  きけんが、とても高いのです。
 また、ほかの いきものと いっしょに かうことも やめたほうが よいでしょう。かには、ほかの いきものを たべていますし、ほかの いきものに たべられても  いるからです。

よういするもの

飼育ケースの図

 あかてがに は、あまり うごきまわる いきものでは ありませんが、からだが  大きく あしも ながいので、すいそうは、できるだけ大きなものを よういして あげましょう。それから、おかやどかり いじょうに だっそうのめいじんですから ふたは  かならず しましょう。力もつよく、小さなすきまでも うまくとおりぬけますから、しっかりとしまるふたが ひつようです。もちろん、ふたには くうきあなも ひつようです。
 すいそうの中には、すなをしきましょう。あかてがに は、あなに すんでいます。できれば 土のほうが すな よりも よいのですが、土だと まいにちの おせわが  たいへんなので、すなで だいじょうぶです。また、すなは かわかさないように、でも、びしょびしょだと いやがりますので、むずかしいです。

 水は、ぜったいに切らさないこと。真水(まみず)は のみ水として だけではなく、あしの つけねに呼吸(こきゅう)のための水をたくわえる  ので、からだごと中に はいれる ふかさが ひつようです。
 あかてがに は、脱皮(だっぴ)を水の中で おこないます から、中に はいって、うごきまわれる ぐらいの 広さも ひつようです。
 水道水(すいどうすい)をそのまま つかうと、よくないので、浄水器(じょうすいき)をつかうか、おゆ  に してから さますか、おひさまに いっしゅうかんぐらい あてたものを つかいましょう。

 えさは、かくれが まで もっていって たべるので、えさ入れは いりません。
 流木(りゅうぼく)などの かくれがは、かならず入れてあげましょう。
 ふゆでも おへやの中で かうのならヒーターは いりません。

まいにち の おせわ

 ここまで よういできれば、あとは ほとんど やることがありません。
 水をまいにち とりかえること。えさをまいにち とりかえること。ふん の おそうじ。いかのほね や ことりようの 塩土(えんど)なども  ときどき入れてあげましょう。

 ときどき すいそうの中のすなを あらってあげましょう。ただし、脱皮(だっぴ)中、または脱皮(だっぴ)の前後(ぜんご)は  さけてください。
 あらった すなは、かならず かんぜんに かわいてから すいそうに もどしてください。

 えさは にんじん、きゃべつ、にぼし(こまかくして)などを よくたべるようです。おかやどかり ほどは すききらいは ありませんが、できるだけ いろいろなものを  あげてみてください。ただし、にんげんが たべないようなものは、あげないほうが よいでしょう。にんげんように あじをつけてあるものも よくありません。

あると べんりな もの

あると便利なものの写真 のみ水などを  入れかえたり、水の中の よごれを すいとったり するのに ながいスポイト(しゃしん まんなか)が あると べんりです。ゴムで できているものは すぐに べとべとになって  だめになるので、ビニールのものが よいでしょう。 
 のこった えさ や ふんをとりのぞくのに、ながいピンセット(しゃしん みぎ)が ひつようです。これも てつで できているものは さびやすいので、プラスチックせいが  よいでしょう。
 おみせで うっている「ザリガニ ヤドカリ・カニ のえさ」(しゃしん ひだり)は、よくたべます。えいようのことを  かんがえて つくられていますので ときどき あげてみましょう。ねだんの やすいものが よいでしょう。

 そのほか、ペットボトルや なにかのびん、びんのふた などを おいておくと いろいろと やくにたつことが おおいです。すなが かわきすぎの ときなど、きんきゅうの  ばあいには、きりふきなども とても やくにたちます。
 100円ショップなどで、いろいろと つかえそうなものを さがしてみてください。

つぎのページ >

アカテガニについての「うんちく」(おとなの ひと むけ)