カニ/カクベンケイガニ

decapedia >> カニ >> カクベンケイガニ

[編集]カクベンケイガニ(Parasesarma pictum

pictum2.jpg

温帯域の陸上に棲息。岩礁地帯の潮上帯に普通にいるカニ。護岸工事の進んだ港や防波堤等のコンクリートの隙間にも多数潜む。河口付近の汽水域にも進出するが、アカテガニほど上流には棲まない。海に入ることはあまりない。
我国の国土事情により、現在では最も繁栄しているカニと言え、水質汚濁の進んだ内湾の港等、何処にでもいる地味なカニだが、警戒心が強いので、タコ糸の先にスルメを付けた“カニ釣り”の対象としては手軽かつ面白い。
食性は肉食性の強い雑食で、死んだ魚や小動物等も食べているものと思われる。

ペットショップで見掛けることはまずない。釣り餌の“イワガニ”として釣餌店等で売られていることが多い。
確かに遠くから見るとイワガニと見分けるのは難しいが、本種が進出する様な埋め立てられた護岸や人工の岩場にイワガニがいることは少い。またイワガニが棲む様な自然の磯の岩場で本種を見ることも少なく、そういった場所では、イワガニは磯の岩場に、本種は陸地の崖やガレ場などと棲み分けている様だ。
もちろん真近で見れば簡単に見分けがつく。

姿形も棲息域もよく似たカニにフタバカクガニがあり、本種と見分けるのは難しい。
フタバカクガニは上から見ると甲部外縁に鋸歯(切れ込み)があり、そこで見分けるのだが、両種とも恐ろしく警戒心が強いため、なかなか近寄らせてはくれず、遠くから見分ける自信は筆者にもない。

飼育に関してはアカテガニベンケイガニクロベンケイガニ等と同様で良いが、海水依存度はアカテガニより高い。

節足動物門 > 甲殻亜門 > 軟甲綱(エビ綱)> 真軟甲亜綱 > ホンエビ上目 > 十脚目(エビ目)> 抱卵亜目(エビ亜目)> 短尾下目 > イワガニ上科 > ベンケイガニ科 > カクベンケイガニ属


[編集]関連記事

カニ/アカテガニ
カニ/ベンケイガニ
カニ/クロベンケイガニ
カニ/イワガニ